ぎっくり腰、坐骨神経痛・梨状筋症候群

 

坐骨神経痛でお困りの方へ

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは、あくまで症状であり、病名ではありません

症状の原因は、主に三つ。

  • 椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • 梨状筋症候群

椎間板ヘルニアは、皆さんよく聞かれる言葉だと思いますが、
耳慣れない二つの言葉を説明します。

脊柱管狭窄症

背骨の隙間に脊髄が通っており、この空間が狭くなって神経を圧迫し、下肢に痺れ等が出ます。

梨状筋症候群

 お尻のところにある筋肉の梨状筋には二つの穴が空いており、下の穴に坐骨神経の通り道が存在。ここが狭くなることで神経が触り坐骨神経痛の症状が出ます。

これらに悩んでいる方々は、おそらくこれまでに様々な治療を経験してきたはずです。腰を引っ張ったり、神経を麻痺させる痛み止めのブロック注射をしたり、手術をしたり。

長年患い、苦しんでいる人が多い坐骨神経痛。私はこれを何とかしたいと思い、治療を考案しました。ボキボキしない。あき整体院のこのプログラムを用いることで、多くの方の苦しみを解消したいと考えています。坐骨神経痛で今も悩んでいる方は、ぜひ一度、お問い合わせください。

 

30分3000円、60分6000円中周波治療代含む)予約、問い合わせ

 

     TEL028-307-0553